生涯の愛するスポーツとしてサッカーに出合った。

【和歌山大学教育学部付属中学校−ヤマダ・エスバイエルホーム社長の松田佳紀氏】  1973年に和歌山大学教育学部付属中学校へ入学し、生涯の愛するスポーツとしてサッカーに出合った。野球少年だったが、中学はグラウンドが狭くて野球部 がなく、仕方なくサッカー部に入った。しかし個人プレーのようでアシストやカバー、ダミーの動きで勝利を目指すチームプレーにたちまち魅了された。守備位 置はレフトウイングやミッドフィールダー。副キャプテンも務め、2年と3年の年には和歌山市の大会で準優勝した。  監督は数学の西辯之丞先生。熱血漢で練習中は厳しく、ミスでゴールを外すへまをするとげんこつもくらったが、普段はフレンドリーで部員みんなに好かれた。 卒業後も懇意にしていただき、高校で靱帯(じんたい)を伸ばし部活のサッカーをリタイアした後も、先生の「草サッカー」チームには、たびたびかり出され た。 よき相棒だったのはキャプテンの山根朗義君。真面目 ないいやつでコンビを組み、おちゃらけたムードメーカーの私がポイントゲッターを務めた。サッカーは私の方がうまかったが、彼は神戸製鋼所の研究員として 活躍している。ほかにも頭のいいチームメートが多く東大や京大、一橋大などに合格し、国土交通省の官僚になったり、和歌山や静岡で大学医学部の教授になっ たりした。 高校でケガから部活をやめた時は辛かった。医者には「歩けなくなるかもしれない」と告げられたが、今は腫れが残る程度で治った。  最初に入社した上新電機では、大学を受験し直そうと悩み辞表を出したこともあった。だが、店頭販売の改善を直訴して認めてもらった当時のオーナーに辞表を 破られた。その後、2年目でバイヤーに抜擢(ばってき)され、80人いた同期の中で出世レースのトップクラスを走ることができた。振り返れば西先生から 「サッカーをやめたらいかん」と励まされ続けた。社会人になって頑張れたのもサッカーのおかげだ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ