なたまめ茶 飲む

なた豆茶通販

なた豆茶通販

なた豆茶の効果を上げるオススメの飲み方

なた豆茶

 

口臭予防・蓄膿症・歯周病の治療に効果がある『なた豆茶』ですが、
実は飲み方や心がけ方次第でその薬用効果は何倍も効率的になります。
本気で口臭や蓄膿症・歯周病に取り組みたい方はただなんとなく『なた豆茶』を飲むだけでなく、

 

【効かせる】飲み方を勉強してください。

 

今回紹介するなた豆茶飲み方のポイントは3つです。

 

ホットで飲む

冷やして飲んでも美味しいなた豆茶ですが、温かい温度(50度くらい)で飲むと、
なた豆に含まれる薬効成分の『カナバニン』がもっとも歯茎や扁桃あたりに
直接吸収されやすい最適の温度
と言われています。

 

空腹時に飲む

食事の途中や食後に飲んでも当然薬効効果は失われませんが、
効果効能を最大限に上げるにはお薬と一緒で空腹時に飲む事をオススメします。
これは、胃の中に消化物(食べ物)があるとなた豆の薬効成分の吸収率も下がります。
せっかく飲むなら100%の効果に期待できる空腹時に飲む事を忘れないでください。

 

歯磨き後に『なた豆茶』でうがい

せっかくのなた豆茶なのに『うがい?』と思う方も多いと思いますが、
口臭の原因になるのは歯垢よりも扁桃腺のくぼみに溜まる膿の膿栓(通称くさい玉)です。
これを除去するにはなた豆茶を飲むだけでなく直接患部に効かせるように、
温かい温度のなた豆茶でうがいをすると効果的です
歯磨き粉で余分な食べかすなどない状態で、
温かい温度のなた豆茶でウガイする事により、血行がよくなり薬効成分がしみわたる効率が飛躍的にあがります。

 

 

※ 同じ歯磨きをしてからのなた豆うがいなら、
『なた豆の歯磨き粉』でハミガキをするとさらに
口臭予防・歯周病対策の効果が上がります。

なた豆はみがき体験談

なた豆はみがき体験談